• トップ >
  • トピックス >
  • 陸自海田市駐屯地と府中町の高齢者施設でクラスター 28日の新型コロナ、広島県は1市2町4人の感染発表

トピックス

陸自海田市駐屯地と府中町の高齢者施設でクラスター 28日の新型コロナ、広島県は1市2町4人の感染発表

2021/1/28 16:34

広島県庁

 広島県は28日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が海田町の陸上自衛隊海田市駐屯地と府中町の高齢者施設の2カ所で発生したと明らかにした。

 県健康対策課によると、この日に感染を公表した海田町の30代1人は、海田市駐屯地の隊員。県と広島市がすでに発表した17人と合わせ、10〜50代の隊員計18人の感染を確認した。うち数人は同じ寮で暮らしている。これまでに訓練や会議など業務で接触した可能性のある118人を検査し、100人は陰性だった。

 府中町の高齢者施設では、新たに感染を発表した町内の80代1人と合わせて、計5人の入所者の感染が分かった。これまでに感染者と接触した可能性のある72人の検査をして、67人は陰性だった。

 県によると、この日の新たな感染者はクラスター関連の2人を含めて計4人。残る2人は東広島市のいずれも20代。それぞれ関東地方、九州地方から県を訪れた人と接触していた。4人とも軽症で順次、病院か療養ホテルに入るという。
 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

【28日まとめ】広島県、29人が感染 新型コロナ、2カ所でクラスター

広島県で2人死亡36人感染 27日の新型コロナ 広島市20人、東広島市6人、福山市3人など

広島県内「市中感染続く」 集中対策中間報告、経路不明が4割

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧