• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県、29人が感染 28日の新型コロナ、2カ所でクラスター【動画】

トピックス

広島県、29人が感染 28日の新型コロナ、2カ所でクラスター【動画】

2021/1/28 20:38

広島県庁

 広島県で28日、新たに29人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市16人、福山市7人、呉市と東広島市各2人、府中町と海田町各1人。また県は、海田町の陸上自衛隊海田市駐屯地と、府中町の高齢者施設の2カ所で新たなクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の16人は10歳未満〜90代で、佐伯区と安佐北区の市立小の児童それぞれ2人と1人の計3人を含む。また25日にクラスター発生を公表した医療機関では、新たに30〜80代の入院患者3人の感染が分かった。関連の感染者は計12人となった。

 福山市の7人は20〜80代。東広島市の2人はともに20代。呉市の2人のうち1人は、7日にクラスター発生を公表した病院の80代の入院患者で、一連の感染者は計33人となった。もう1人は30代。

 県によると、海田市駐屯地のクラスターでは、この日発表した海田町の30代1人を合わせ、これまでに10〜50代の隊員計18人の感染を確認。うち数人は同じ寮で暮らしているという。

 府中町の高齢者施設のクラスターでは、新たに発表した80代1人を含む入所者計5人の感染が分かった。 

【関連記事】

広島市中心部大規模PCR、専門家の声は 「感染減、費用対効果に懸念」「偽陽性での隔離心配」

広島県で2人死亡36人感染 27日の新型コロナ 広島市20人、東広島市6人、福山市3人など

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧