地域ニュース

豊島岩白広島市議証言<3>収支報告書と現金の管理を妻に任せていました

2021/1/29 0:35

【検察側の追加尋問】

検察官 弁護人から克行被告からもらった現金の使途について、1回目の使い道の明確な記憶がないので資料を見て、選挙運動費用収支報告書に自己資金として15万円の原資にしたと証言した。原資は克行被告のお金以外考えにくいか。

証人 はい。そうです。

検察官 甲142号証の豊島市議の供述調書の添付資料3を示したい。19年に市議選があった時の選挙運動費用収支報告書の一部か。

証人 はい。そうです。

検察官 19年3月29日に自己資金を15万円の収入源にされていたか。

証人 はい。

検察官 15万円の原資は克行被告にもらった現金以外に、思い当たるものがないか。

証人 はい。そうです。

検察官 収支報告書の収入日は19年3月29日になっているか。

証人 はい。

検察官 証言では、スタッフのメッセージからして現金をもらったのは19年3月31日だったか。

証人 はい。そうです。

検察官 時系列が逆転していて、計上できないのではないかという疑問を抱かれるのではないか。

証人 私は収支報告書と現金の管理を妻に任せていました。自己資金で15万円を妻に渡し、妻が管理していました。いつ預かったか失念していて、いつにしようかと。初日にしておけば間違いなかろうと、3月29日にした記憶があります。
(ここまで 535文字/記事全文 6041文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧