• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県で34人感染1人死亡 29日の新型コロナ、広島市の民間保育所でクラスター

トピックス

広島県で34人感染1人死亡 29日の新型コロナ、広島市の民間保育所でクラスター

2021/1/29 20:10

広島県庁

 広島県で29日、新たに34人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市17人、福山市7人、東広島市3人など。また広島市は、医療機関に入院していた1人が28日に死亡したと発表した。県内の死者は計92人となった。

 広島市の17人は10歳未満〜80代で、うち40代の1人が中等症。安芸区の市立小の児童1人、市立中の生徒1人の感染も判明した。市立小は31日まで臨時休業する。また、民間の保育所で新たなクラスター(感染者集団)の発生を確認。これまでに20〜40代の職員3人と10歳未満の園児2人の計5人が感染した。

 福山市の7人は10歳未満〜60代。うち1人が中等症。東広島市の3人は10〜70代。

 呉市と府中町ではクラスター関連の新たな感染者を1人ずつ確認。呉市の1人は7日に公表した病院の90代の入院患者で、一連の感染者は計34人となった。府中町の1人は、28日に公表した高齢者施設の60代の関係者で、6人目。

 その他の感染確認は、廿日市市2人▽竹原市、尾道市、海田町各1人。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧