• トップ >
  • >
  • 「経済回復へ最大限の手」「従来より偽陽性少なくなる」 大規模PCR検査、湯崎知事会見

トピックス

「経済回復へ最大限の手」「従来より偽陽性少なくなる」 大規模PCR検査、湯崎知事会見

2021/1/29 22:46

補正予算について会見する湯崎知事‖広島県庁(29日午後2時3分、撮影・天畠智則)

 広島県が29日に発表した大規模PCR検査の基本計画案を巡る、湯崎英彦知事の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 ―具体的な目標は。

 全国でやっていない感染対策で、何をできるのか一つ一つ決断しながらやっている。集中対策が延々と続くのではなく、早く社会、経済活動を回復できるよう最大限の手を打つ。感染状況が警戒基準値(直近1週間で人口10万人当たり4人)を超えて大きくならないよう、コントロールできる状態を目指したい。

 ―検査で広島市の感染者は増えます。市は調査に対応できますか。

 市とやりとりし、調査に対応できる想定だ。県としても全面的にバックアップしたい。他の市町に応援を依頼するかもしれない。

 ―徹底的に封じ込めるのを目的としていますが、感染者全員を特定できるわけではありません。
(ここまで 338文字/記事全文 876文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事