• トップ >
  • トピックス >
  • 広島大クラスター、東広島キャンパスの6人感染 新型コロナ、会食や交遊で拡大か【動画】

トピックス

広島大クラスター、東広島キャンパスの6人感染 新型コロナ、会食や交遊で拡大か【動画】

2021/1/30 20:01

広島大東広島キャンパス

 広島県が30日に新たに確認した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)は、広島大の東広島キャンパス(東広島市)で発生したことが分かった。県によると、県内の大学でのクラスター発生は初めて。

 クラスターに含まれるのは、東広島キャンパスに通う20代の大学院生や大学生の計6人。学内外での会食やカラオケ店での交遊、友人宅への宿泊などで感染拡大した可能性があるという。

 広島大は同日ホームページで、クラスターに含まれる学生5人の感染を公表。「感染防止対策をさらに徹底した上で、授業や研究活動を継続していく」としている。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況


【関連記事】

広島県で38人感染 30日の新型コロナ、広島大東広島キャンパスでクラスター



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧