• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県で38人感染 30日の新型コロナ、広島大東広島キャンパスでクラスター【動画】

トピックス

広島県で38人感染 30日の新型コロナ、広島大東広島キャンパスでクラスター【動画】

2021/1/30 21:25

広島県庁

 広島県で30日、新たに38人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市14人、福山市9人、東広島市7人、呉市3人など。うち東広島市の5人は広島大の20代学生で、東広島キャンパスでクラスター(感染者集団)が発生したという。県によると、県内の大学でのクラスター発生は初めて。

 県や広島大によると、クラスターの感染者は、28日に発表した20代1人を含む同キャンパスの大学院生や大学生の計6人。会食やカラオケ店での交遊、友人宅への宿泊を含め、学内外で感染拡大した可能性があるという。

 広島市の14人は中等症1人、軽症5人。残る8人は無症状だった。福山市の9人は軽症で、うち1人は尾道市の市立学校に勤務する教職員だった。呉市の3人は無症状か軽症。うち1人は7日にクラスター発生を公表した市内の病院の職員で、一連の感染者は計35人になった。

 その他の感染確認は、府中市3人▽廿日市市、府中町各1人。いずれも重症者はいない。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

広島県で34人感染1人死亡 29日の新型コロナ、広島市の民間保育所でクラスター

首都圏主要駅に「ばかたれーっ!!」ポスター 広島県観光連盟が企画 「出身じゃないけど泣ける」と話題に

クラスターとの闘い 障害者施設 見真学園の52日


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧