地域ニュース

尾道市、24年度までに職員50人削減計画 ICTや非正規活用

2021/1/31 14:00

 尾道市は2020〜24年度の定員適正化計画をまとめた。情報通信技術(ICT)による業務効率化や非正規職員の活用を通じ、職員50人の削減を進める。

 【非正規公務員の嘆き】「嘱託さん」見下されてる感

 職員数を19年4月の1005人から、24年4月に955人に減らす。ICTでは、職員のパソコン事務作業の自動化を拡大し、人工知能を使った会議録作成支援システムを導入する。公共施設の管理運営の民間委託も検討し、配置職員の縮小につなげる。

 ▽非正規の職員は毎年増えて…
(ここまで 230文字/記事全文 581文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧