• トップ >
  • トピックス >
  • 島根県浜田の刑務所受刑者、益田の教習所合宿生ら3人感染 31日新型コロナ

トピックス

島根県浜田の刑務所受刑者、益田の教習所合宿生ら3人感染 31日新型コロナ

2021/1/31 15:21

島根あさひ社会復帰促進センター

 島根県は31日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1人は、浜田市旭町の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」の50代の男性受刑者。ほか1人は、クラスター(感染者集団)が発生した益田市安富町の自動車教習所「Mランド益田校」に県外から訪れた合宿生で、クラスターの感染者は計10人となった。さらに1人は益田市在住者だった。

 【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 島根あさひ社会復帰促進センターによると、同センターでの感染確認は初めて。感染が分かった受刑者は今月、入所した。直後から味覚異常の症状があったためPCR検査を受け、30日に陽性が判明した。現在は無症状。入所前の居住地や入院の予定については「個人が特定される恐れと保安上の観点から回答できない」としている。

 同センターは感染防止対策として、新しく入る受刑者は他の受刑者と一定期間隔離し、健康観察をしているという。浜田保健所の指導を受け、センター内で接触した職員が検査を受けている。受刑者や職員で体調不良者が相次いでいる状況はないという。

 同センターは国と民間で運営する刑務所。31日現在の受刑者は994人、職員は官民合わせ約540人という。大串建センター長は「今後も感染拡大の防止に万全の対策を講じる」とコメントした。

 また県によると、益田市の合宿生は、27日に感染が確認された同校の教官の関連。28日のPCR検査で陰性だったが、29日にせきや喉の痛みが出たため、30日に再び検査をし、陽性が確認された。軽症という。

 県は30日までに同校関係者388人を検査し、ほかはすべて陰性だった。現在同校は休業中で、濃厚接触者は施設内の寮内で待機し、健康観察をしているという。

 また、益田市在住の1人については、19日に感染が確認された同市在住の70代男性と同じ職場に勤務する同僚という。20日のPCR検査では陰性だったが、28日夜に38度台の発熱があり、30日の検査で陽性が確認された。軽症という。20日以降は自宅待機をしており、接触者はごく少数に限られている。

【関連記事】

益田市の自動車教習所でクラスター 合宿生6人と教官2人感染 敷地内に飲食店

山陰合銀の証券店舗従業員の感染7人に、松江市はクラスターと認定


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧