地域ニュース

ロードスター「熱い」車体 ファン1万人サイン ひろしまFFで披露(2017年5月2日掲載)

2021/1/31 17:39
1万人分以上のサインが書き込まれたマツダのロードスター

1万人分以上のサインが書き込まれたマツダのロードスター

 ファンのサインで車体を埋めたマツダの小型オープンスポーツカー「ロードスター」が、2017ひろしまフラワーフェスティバル(FF)に登場する。昨年のFFでサインの書き込みをスタート。海外8カ国を回り、1万人分以上を集めて戻ってきた。3日の花の総合パレードで走る。

 ロードスターの累計生産100万台目の記念車。昨年のFF以降、日本や欧州、北米、オーストラリアで開かれたロードスターのファンイベントに参加した。深みのある赤いボディーには、白いペンで日本語や英語、ドイツ語のサインが整然と並ぶ。マツダの中山雅主査は「ファンへの感謝を胸に、200万台に向けて挑戦する」と話している。

 サイン入りの車はパレード後、8〜12日にマツダの本社ロビーで展示する。ロードスターは、初代が発売された1989年から本社宇品工場(広島市南区)で造り続け、累計は106万台になっている。(堀晋也)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧