地域ニュース

企業間の出向後押し、雇用維持へニーズ探る コロナ禍で備後8市町、21年度から

2021/1/31 22:59

 新型コロナウイルス禍で厳しい雇用情勢が続く中、備後圏域の8市町は2021年度、人材に余裕のある企業から人材が不足する企業への出向を後押しする。企業訪問を通じて出向のニーズを探り、マッチングを担う産業雇用安定センターにつなぐ。休業手当の一部を補てんする国の雇用調整助成金の特例措置の期限が近づく中、従業員の雇用を維持する狙い。

 雇用安定センターは、厚生労働省などが都道府県ごとに設置。経営が悪化した企業などの依頼に応じて従業員の再就職を無料で支援しており、新型コロナの感染拡大後は人材に過不足がある企業の橋渡しもする。企業数の多い福山市には、広島県東部をカバーする福山駐在事務所がある。
(ここまで 293文字/記事全文 769文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧