地域ニュース

カープと廿日市がコラボTシャツ けん玉坊や「201」の背番号 宮島口で販売

2021/2/2 20:41
廿日市市とカープのコラボTシャツを並べる「はつこいマーケット」

廿日市市とカープのコラボTシャツを並べる「はつこいマーケット」

 はつかいち観光協会(廿日市市)は、広島東洋カープと連携した「コラボTシャツ」を発売した。カープ坊やが同市特産のけん玉をバット代わりに構えるイラストなどをあしらった。限定品で、宮島口フェリー旅客ターミナル内の「はつこいマーケット」で販売している。

 デザインは2種類。胸元に緑やピンクで「Carp」、背面にことし入団した新人7選手の名前やカープ坊やを記した赤地タイプは、200枚限定となっている。表に「Hatsukaichi」と「Carp」と記し、廿日市市を意味する「201」の背番号をあしらったタイプは赤地、青地の二つがあり計千枚を用意する。いずれもS、M、L、LLの4サイズあり2800円。

 同市はカープ大野寮があるなど同球団とつながりが深い。しかし県外では知らないファンも多いとしてPRを強める。収益は、カープ2軍の観戦ツアーなどに活用することも検討する。(東海右佐衛門直柄)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧