トピックス

元カープ投手・高橋里志さん死去 72歳、セ・リーグ最多勝

2021/2/3 7:02

1977年に20勝を挙げ、最多勝に輝いた高橋さん

 元広島東洋カープの投手、高橋里志(たかはし・さとし)さんが1月31日、肺がんのため広島市内の病院で死去した。72歳だった。

【デジタルアルバム】元カープ投手・高橋里志さん

 高橋さんは福井県出身。福井・敦賀工高、電電北陸を経て、1968年に南海(現ソフトバンク)に入団。72年オフに自由契約となり、広島に移籍した。プロ10年目の77年に、シュートとフォークを武器に先発の柱としてフル回転。20勝をマークし、セ・リーグ最多勝のタイトルを獲得した。広島からは金城基泰、外木場義郎、池谷公二郎に続く4年連続の最多勝投手の輩出となった。

 81年にパ・リーグの日本ハムに移り、82年には8勝を挙げ、後期優勝に貢献。最優秀防御率(1・84)を受賞した。85年に近鉄に移籍し、86年に現役引退。プロ19年で通算309試合、61勝61敗4セーブ。引退後は中国放送の野球解説者を務めた。

【関連記事】
開き直って「20勝投手」
リストラ男のリベンジ 高橋里志
江夏への不満、「鏡割り事件」


この記事の写真

  • 高橋里志さん

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧