• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【詳報・克行被告第36回公判】繁政秀子・元広島県府中町議 「安倍さんからじゃけえ」と言われて、びっくりしました

地域ニュース

【詳報・克行被告第36回公判】繁政秀子・元広島県府中町議 「安倍さんからじゃけえ」と言われて、びっくりしました

2021/2/4 1:43

 ■繁政元町議

 (広島県)安芸郡府中町の町議をしています。案里さんの選挙を支援して頑張ってほしいということで克行さんから現金をもらいました。まずは経歴からお話します。私は1980年に府中町議に当選し、現在9期目です。男女共同参画を目指し、政治に女性の声を届ける活動を熱心にしていました。案里さんは2003年に県議に当選したころから知っています。女性議員クラブの会長で案里さんが私に相談してきて親しくしてきました。私は年に数回、傍聴するぐらいでした。案里さんが立候補した時は選挙区が違うので応援することもありました。シュークリームを差し入れたことが1度あります。案里さんはため書きをしてくれたことが1度か、2度ありました。(夫の)克行代議士とは付き合いがありませんでした。府中町議として東京で陳情に行った時に他の国会議員と同じように顔を合わせる程度です。政治資金パーティーは会費が2万円と高かったので、出席したのは1回か、2回ぐらいしかありません。

 5月初めに案里さんから電話があり、後日後援会事務所に来るように言われました。自宅の電話か携帯電話にありました。後援会事務所に行ったことがなかった。5月3日に奉仕団の会長としてフラワー・フェスティバルのパレード、4、5日に原爆資料館のボランティアをしました。その3日間のいずれかに案里さんの事務所に行ったことを覚えています。夕方ぐらいと記憶しています。案里さんの事務所は袋町電停の近くの1階にありました。到着すると、ソファセットに案里さんが座っていて「先生うれしい。お願いがあるんよ。私選挙に出るんよ。女性の声を集めてもらえないか」と言われました。顔の広い私に応援を呼びかけることと理解しました。「分かった、ええよ」と承諾しました。私はその後、後援会長という名前で出陣式や会合であいさつしました。事務所には4、5回ぐらい行きましたが、案里さんに会ったのは1回です。押収された事務所のパソコンのハードディスクから5月4日午後5時の予定で後援会長に会う旨の記載があると検事に教えてもらいましたので、お願いされたのは5月4日と思います。
(ここまで 888文字/記事全文 2776文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧