• トップ >
  • トピックス >
  • 周防大島町住民の請求棄却 貨物船衝突巡る訴訟 山口地裁岩国支部

トピックス

周防大島町住民の請求棄却 貨物船衝突巡る訴訟 山口地裁岩国支部

2021/2/4 14:43

貨物船に切断された水道管や光ファイバーケーブルが海中に垂れ下がる大島大橋(2018年10月22日)

 山口県周防大島町に架かる大島大橋への貨物船衝突事故に伴う長期断水で精神的苦痛を受けたとして、町民たち96人が貨物船を所有するドイツの海運会社オルデンドルフ・キャリアーズに1人15万円の慰謝料など1584万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、山口地裁岩国支部は4日、原告側の請求を棄却した。

 訴状によると、町民は1カ月以上の断水で生活に支障が生じ精神的苦痛を受けたと主張。海運会社が申請した賠償上限額を約24億5500万円に抑える船主責任制限手続きは、物の損害が対象で精神的損害は対象外として、この訴訟で慰謝料を求めていた。

 海運会社側は答弁書で、事故と精神的苦痛には賠償責任を負うほどの因果関係はないなどと反論していた。


【関連記事】

<メモ>大島大橋への貨物船衝突事故

橋に船衝突、山口県周防大島全域で断水 管破断 、光回線も切断 

山口県周防大島 断水解消 40日ぶり 町全域送水


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧