トピックス

広島県で7人感染、10週間ぶりに10人下回る 4日新型コロナ

2021/2/4 22:13

広島県庁

 広島県で4日、新たに7人の新型コロナウイルス感染が確認された。内訳は広島市3人、福山市2人、呉市と東広島市各1人。新規感染者数が10人を下回るのは、昨年11月25日以来約10週間ぶりとなる。

 広島市の3人のうち2人は、1日にクラスター(感染者集団)の発生を発表した高齢者施設の40代の職員と80代の入所者。残る1人は、先月29日にクラスター発生を公表した保育施設の20代の職員という。また、市内の事業所と民間の運動施設の計2カ所で新たなクラスター発生を確認。関連の感染者数は、2日までに陽性が分かったそれぞれ6人と5人。

 呉市の1人は、先月7日にクラスター発生を公表した病院の80代の入院患者。一連の感染者は36人目。

 また県は、東広島市の病院で新たなクラスター発生を確認したと発表した。うち1人はこの日感染が確認された同市の20代の職員で、一連の感染者は計5人という。

 また、福山市の国立病院機構福山医療センターは4日、クラスター拡大以降休止していた内科と外科の急患の受け入れと手術を再開した。周産期の母子の救急外来は5日に再開する。感染者の経過観察を続けている呼吸器内科は外来診療の停止を続ける。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

東広島市の病院でクラスター発生、5人感染 4日の新型コロナ

広島市の感染者、年明けになぜ減った 広島市民病院の安井主任部長に聞く

陽性判明時の7割が軽症・無症状 広島市、コロナによる死者59人分析

「感染の事実、もっとオープンにできる社会に」 コロナ感染公表の広島マツダ・松田哲也会長

母と弟発熱、そして私も…コロナ感染で生活一変 中国地方50代女性の体験


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧