• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県議会、大規模PCR補正予算案を可決 県、今月中旬開始目指す

トピックス

広島県議会、大規模PCR補正予算案を可決 県、今月中旬開始目指す

2021/2/5 9:18

広島県議会棟

 広島県議会(64人)は4日、本会議を開いた。新型コロナウイルス対策で県が緊急編成した55億500万円の2020年度一般会計補正予算案を原案通り可決し、臨時会を閉会した。

 県は補正予算で、広島市での実施を打ち出した大規模PCR検査の費用10億3800万円を確保した。中、東、南、西区の住民と働く人約73万人を対象に、今月中旬の開始を目指す。

 本会議では、生活福祉保健委員会の吉井清介委員長(自民議連、尾道市)が、苦境にある県全域の飲食店と取引先に対する「積極的な対策」などを求める付帯決議の可決を報告した。

 自民党広志会・つばさ(7人)は、財源を飲食店の関連業者や生産者の支援へ回すべきだとして、大規模PCR検査の費用を削減する修正案を提案したが、賛成は8人で否決された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧