地域ニュース

【バレーボール】JT広島、首位のWD名古屋下す 熱戦2時間17分「明日も頑張る」

2021/2/6 18:08
【JT広島―WD名古屋】第2セット、JT広島の中島(右端)が速攻を決め、16―15とリードする

【JT広島―WD名古屋】第2セット、JT広島の中島(右端)が速攻を決め、16―15とリードする

 バレーボールのVリーグは6日、愛知県稲沢市の豊田合成記念体育館などであり、男子のJT広島は首位のWD名古屋を3―2で下した。10勝11敗で勝ち点を32に伸ばした。

 JT広島は第1、3セットを落とし、追い込まれたが、内定選手の新井やエドガー、陳の強打などで、第4セットを25―22と奪い返した。第5セットももつれた展開となったが、武智のサービスエースや小野寺の速攻などで徐々に引き離した。最後は陳のサービスエースで、2時間17分の熱戦を制した。

 アタック、ブロックなど13得点と奮闘した新井は「苦しい試合展開となったが、勝ててよかった。明日もチーム全体で勝利を目指して頑張っていく」と連勝を誓っていた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧