• トップ >
  • トピックス >
  • 中国地方ぽかぽか3月中旬〜4月上旬並み 広島市中区は15・0度【動画】

トピックス

中国地方ぽかぽか3月中旬〜4月上旬並み 広島市中区は15・0度【動画】

2021/2/6 20:41

日差しを浴び、つぼみが膨らみ始めたハクモクレン=6日、広島市中区(撮影・田中慎二)

 中国地方は6日、高気圧に覆われて青空が広がり、各地で3月中旬から4月上旬並みの暖かさとなった。広島市中区の本川東岸では、春先に咲くハクモクレンの膨らんだつぼみが日差しを浴び、ふわふわした綿毛が輝いていた。

 広島地方気象台によると、中区の最高気温は平年より5・0度高く、3月下旬並みの15・0度となった。本川沿いを散歩していた中区の公務員福田桃菜さん(23)は「暖かいので、出掛けるときに1枚薄着にした」と、ぽかぽか陽気を楽しんでいた。

 この日は中国5県の観測地点80カ所のうち、庄原市高野や岩国市広瀬など47カ所で最高気温が今年最も高かった。同気象台によると、7日も日中は平年より暖かい所が多い見込み。同気象台は向こう1週間の最高気温は、平年並みか平年より高いと予報している。(桑田勇樹、寺本菜摘)

【関連記事】

立春、心もポカポカ 広島の縮景園、ほころぶ梅

1月上旬は寒かった…庄原市高野町で積雪61センチ

昨冬は記録的な暖冬だった


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧