地域ニュース

指導役を追悼、初の句集 庄原の高俳句会が編さん、活動の歩みや思い刻む

2021/2/7 21:03
指導役だった篁さんの句を読み返す伊藤さん(右端)たち高俳句会の会員

指導役だった篁さんの句を読み返す伊藤さん(右端)たち高俳句会の会員

 庄原市高町の住民たちが同町の高自治振興センターを拠点に活動する高俳句会が、初めての句集「沙羅」を作った。昨年3月に96歳で亡くなった会員で指導役の篁文堂(たかむら・ぶんどう)=雅号・高村柊子(しゅうし)=さんを追悼し編んだ。終戦から間もない時期に発足した同会の歩みを形に残す願いも込める。
(ここまで 145文字/記事全文 738文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 篁文堂さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧