地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ、島根に連敗

2021/2/7 22:38
【広島―島根】第1クオーター、島根の北川(右)をマークする広島の岡本(撮影・川村奈菜)

【広島―島根】第1クオーター、島根の北川(右)をマークする広島の岡本(撮影・川村奈菜)

 ▽Bリーグ1部(エフピコアリーナふくやま、1279人)

島 根 86 19―24 71 広 島
13勝21敗  18―16  5勝29敗
      24―18      
      25―13      

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は7日、エフピコアリーナふくやまなどで10試合があった。西地区10位の広島は、同5位の島根との「中国ダービー」を戦い、71―86で敗れた。広島は5勝29敗。島根は13勝21敗。

<写真集>広島、島根に逆転負け

 広島は第1クオーターから激しい守備で島根のミスを誘い、ケネディの9得点などで24―19とリード。前半を40―37で折り返したが、後半は島根の外国人選手中心の攻撃を止められず、第3クオーターに逆転を許した。疲れが見えた第4クオーターは点差が広がるばかりだった。

 島根は、外国人選手2人と日本国籍を持つウィリアムスの3人で計70得点を挙げた。(矢野匡洋)

 ▽ドラフラ 終盤失速、逆転喫す

 広島は終盤に足が止まり、突き放された。堀田監督は「前日に悪かった試合の入りは良かった。ただ、大事なところで疲れが見え、外国人選手との1対1でやられた」と敗因を挙げた。

 3点リードの前半は、高さで劣る分、運動量でカバーした。今季最長の31分13秒に出場した岡本は「チーム全体で前から当たっていこうと話していた」。岡本や朝山、ケネディが激しい守備でボールを奪った。

 しかし、第3クオーターの交代は1人だけで主力の出場時間が延びると、終盤は走り勝てなくなった。指揮官は「1度崩れると立て直すことができない状況。(主力は)チームが求めていることをやれていたので、出場時間が延びた」と説明した。

 ▽島根、経験の差示す

 B1で通算3季目の島根は、B1初挑戦の広島に経験の差を見せつけた。第3クオーターまでリードを許す展開だったが、河合監督代行は「自分たちが1桁台の点差で我慢できれば、第4クオーターは広島が先に崩れるだろうと思っていた」と冷静だった。

 3点を追う後半、インサイドでの攻勢を強めた。外国籍選手が1人しかいない広島に対し、ビュフォードらの1対1で確実に加点。かつて広島に在籍したウィリアムスは「チームとしてエチェニケをどう守るかを意識した。今日のような戦いができれば今後につながる」と自信を深めていた。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧