地域ニュース

【バスケットボール】広島、琉球に歯が立たず4連敗 高さで劣勢

2021/2/10 20:44
【琉球―広島】100失点で大敗した中で10得点を挙げた朝山(2)=(C)B.LEAGUE

【琉球―広島】100失点で大敗した中で10得点を挙げた朝山(2)=(C)B.LEAGUE

 【広島70―100琉球】

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区10位の広島は10日、沖縄市体育館で同地区1位の琉球と戦い、70―100で敗れ、4連敗となった。5勝30敗で同地区最下位。 

 広島は第1クオーターはゾーンディフェンスが機能した。しかし、リバウンド争いで歯が立たず、16―20。前半だけでオフェンスリバウンドを11本奪われ、37―45で折り返した。後半もゴール下を支配された上に、守備の強度の高い琉球に対してミスを連発。第3クオーターに36失点し、一気に突き放された。力の差を見せつけられ、30点差の大敗を喫した。

 広島はトレイラーをけがで欠き、外国籍選手はエチェニケ1人だけ。高さで劣り、リバウンドを取れないため、シュート数は琉球より20本少なかった。堀田監督は「ゾーンディフェンスなので仕方のない部分もあるが、それにしてもリバウンドを取られすぎた」と敗因を挙げた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧