• トップ >
  • トピックス >
  • 無免許過失致死・飲酒運転容疑で少年逮捕、広島県警 庄原市で事故、夫婦死亡

トピックス

無免許過失致死・飲酒運転容疑で少年逮捕、広島県警 庄原市で事故、夫婦死亡

2021/2/10 21:32

少年が運転していた乗用車。フロント部分が大破している

 庄原署は10日、三次市の無職少年(18)を自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)と道交法違反(酒酔い運転)、道路運送車両法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、7日午後4時5分ごろ、庄原市西城町大佐の国道183号で、酒を飲み、アルコールの影響で正常な運転ができない恐れがある状態で乗用車を無免許で運転し、対向車線を走っていた軽乗用車に衝突し、軽乗用車に乗っていた同市内の80代の高齢夫婦2人を死亡させた疑い。また、有効な自動車検査証の交付を受けていなかった乗用車を運転した疑い。

 庄原署は、事故当時、少年の呼気から基準値を3倍以上超えるアルコールを検出したとしている。乗用車は少年の兄名義で、昨年11月に車検が切れていた。

 同署によると、少年は「車は兄から譲り受けた」「酒酔いと無免許、無車検だったのは間違いない。車にぶつかったのは覚えている」などと供述しているという。

 現場は片側1車線の見通しのよい直線。庄原署は、南進中の少年の乗用車が何らかの原因でセンターラインを越え、北進中の高齢夫婦の軽乗用車に衝突したとみて、捜査を続けている。

【関連記事】

飲酒運転、身勝手な動機浮き彫り 広島県警が聞き取り

庄原で衝突事故、夫婦が死亡


この記事の写真

  • 亡くなった高齢夫婦が乗っていた軽乗用車

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧