トピックス

森喜朗・五輪組織委会長が辞意 後任は川淵氏で調整

2021/2/11 13:18

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が辞意を固めた。11日、関係者が明らかにした。女性蔑視発言が国内外で反発や批判を受け、発言を撤回して謝罪したが、責任を取る形となった。12日の組織委の評議員会、理事会の合同懇談会で表明する見通し。後任は日本サッカー協会元会長で選手村村長の川淵三郎氏(84)で調整している。

 森氏は11日、合同懇談会に向け「まずはご迷惑を掛けたというおわびと、後はよろしくお願いしますと言わなければならない。大事なのは五輪の成功だ」と周辺に語った。

 コロナ禍で開催可否を巡る懐疑論も出ている中、準備の混迷は、さらに深まった。

【関連記事】

森氏の女性蔑視発言「時代錯誤」「心底怒り」【こちら編集局です】

IOC、森氏発言は完全に不適切 非難受け新見解、進退問題触れず

五輪ボランティア390人が辞退 森氏女性蔑視発言後の5日間で



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧