地域ニュース

出雲日御碕、「神の使い」に 灯台擬人化プロジェクト、ウェブで魅力発信

2021/2/12 22:59
出雲日御碕灯台を擬人化したキャラクター「神の使い」(燈の守り人製作委員会提供)

出雲日御碕灯台を擬人化したキャラクター「神の使い」(燈の守り人製作委員会提供)

 全国各地の灯台を擬人化して魅力を発信する民間プロジェクト「燈(あかり)の守り人」で、島根半島の最西端の断崖にある出雲日御碕灯台(出雲市大社町)が第4弾として採用された。出雲神話にちなんだキャラクター「神の使い」が誕生し、ウェブ上で公開されている。

 海面からの高さが63・3メートルと日本一を誇る同灯台にちなみ、「神の使い」は197センチの高身長。神職の服をまとい、古事記に登場するスサノオノミコトの終(つい)のすみかに住み、宍道湖名産しじみのみそ汁が好物という設定だ。

 ウェブ上では「神の使い」や灯台のデータを写真付きで紹介。声優が「神の使い」に扮(ふん)して語る約15分間の音声ドラマも聴ける。

 プロジェクトは、海と地域をつなぐ灯台を身近に感じてもらおうと、東京の企画会社などでつくる製作委員会が企画。日本財団「海と日本プロジェクト」と連携し昨年10月に始動した。

 同灯台は1903年に設置され、国の登録有形文化財で観光スポットでもある。製作委は「日本一の高さの灯台。日本で数少ない参観ができる点も踏まえて選んだ」と説明。出雲観光協会は「若い世代にも魅力が伝わる」と喜ぶ。

 製作委はこれまでに下関市の角島灯台など計3基を擬人化。角島灯台はフグのひれ酒が好きな「軍人」としてPRする。アニメやゲーム化も視野に入れているという。(寺本菜摘)


この記事の写真

  • 断崖にそびえ立つ出雲日御碕灯台(出雲観光協会提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧