地域ニュース

被服支廠の重文調査「必要」 広島県が認識一転、財源面を考慮

2021/2/12 22:59

 広島県が広島市南区に所有する最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠(ししょう)」で、県は12日、国による重要文化財(重文)の指定に向けた調査が必要との認識を初めて示した。文化財に詳しい建築の専門家の意見を踏まえて、指定は困難としていた従来の考えを改めた。国の重文になれば耐震化費用に原則50%の補助を受けられるため、財源面からも可能性を見極める必要があると判断した。
(ここまで 181文字/記事全文 1158文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧