• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県で7人感染 12日の新型コロナ、広島市4人、呉、東広島、福山市が各1人

トピックス

広島県で7人感染 12日の新型コロナ、広島市4人、呉、東広島、福山市が各1人

2021/2/13 8:10

 広島県で12日、新たに7人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市の4人と、呉市、東広島市、福山市の各1人。また県と広島市は、県西部建設事務所(南区)の感染者が10日までに計6人となり、新たなクラスター(感染者集団)発生を確認したと発表した。微熱があったが出勤し、すぐに帰宅した職員もいたという。閉鎖中の事務所は15日に再開する。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 呉市の1人は、1月7日にクラスター発生を公表した病院の50代の職員で、一連の感染者は37人目。東広島市の1人は、今月4日にクラスター発生を発表した病院の30代の職員。関連の感染者は計7人となった。

 また広島市では、直近1週間の10万人当たりの新規感染者は2・3人となり、1月18日以降、「ステージ2」(感染漸増)を下回る感染状況が続いている。家庭内の感染が減る一方、職場や医療機関で感染する割合が増えたという。

 記者会見した阪谷幸春・保健医療担当局長は、休憩室や喫煙所、洗面所での密接を避けるよう呼び掛け「感染拡大を再び繰り返さないよう、一人一人が感染対策に取り組んでほしい」と話した。

【関連記事】

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル

広島県内、11日の感染9人 新型コロナ、呉市は4日ぶりゼロ

広島県で2人死亡、5人感染 10日の新型コロナ



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧