地域ニュース

ベトナムの人気スニーカー「モット」、日本で販売 福山の業者が総代理店に

2021/2/14 22:49
天満屋福山店で販売する「モット」のスニーカー

天満屋福山店で販売する「モット」のスニーカー

 靴販売のナカムラ(福山市引野町)は、ベトナムで人気のスニーカーブランド「モット」の販売を始めた。天然素材を使うなど環境に配慮した点に着目。日本国内の総代理店として、百貨店などで扱っている。

 モットはベトナム人のデザイナーが2018年に立ち上げた。ベトナムで大手メーカーの靴が大量生産される中、独自のブランドを作ろうとデザインから素材の調達、製造まで同国内で手掛ける。シンプルなデザインで、靴底にはベトナムの海岸線を表現した。

 モットを運営するベンチャー企業が日本での販売を試みる中、共通の取引先を通じてナカムラが販売代理店になった。モットはベトナム語で「1」の意味。ひものあるタイプとスリッポンタイプがあり、いずれも7800円(税別)。地元では、天満屋福山店内の店舗で扱っている。

 中村公隆社長は「靴の場合、全ての素材を一つの国で調達する例は少ない。今後も販売先を広げたい」と話す。(榎本直樹)

【関連記事】

府中のブランド・スピングルの靴、パリコレ登場

デニム事業50年、世界品質極める 生地製造国内トップのカイハラ

ジ・アウトレット広島を増床 アパレルなど30店増へ

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧