地域ニュース

江戸時代の信仰習俗「四十二浦巡り」スタンプ帳 松江・出雲の住民グループが作製

2021/2/15 9:58
巡礼帖を使った四十二浦巡りのスタンプラリーを勧める木幡事務局長(右)たち

巡礼帖を使った四十二浦巡りのスタンプラリーを勧める木幡事務局長(右)たち

 松江・出雲市の島根半島で江戸時代に盛んだった信仰習俗「四十二浦巡り」を伝える市民グループ「島根半島四十二浦巡り再発見研究会」が、スタンプラリー帳「巡礼帖」を作製した。巡礼する神社の神事や、浦々の景色を捉えた2021年カレンダーも好評という。
(ここまで 121文字/記事全文 493文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧