地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ6連敗 直近25試合、わずか2勝

2021/2/16 0:41
【広島―新潟】第2クオーター、ドリブルで攻め込む広島の田渡(左)

【広島―新潟】第2クオーター、ドリブルで攻め込む広島の田渡(左)

 ▽Bリーグ1部(広島サンプラザホール、1109人)

新 潟 102 28―14 76 広 島
11勝26敗  25―22  5勝32敗
      21―20      
      28―20      

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は14日、広島サンプラザなどで9試合があった。西地区10位の広島は東地区9位の新潟に76―102で敗れ、6連敗で5勝32敗となった。

 <写真集>ドラフラ6連敗

 前半から一方的な展開となった。第1クオーター、5本の3点シュートを決められるなど、14―28とリードを許した。以降もフリーでシュートを打たれるなど簡単に失点し、点差を広げられた。

 リーグ歴代3番目に長い17連敗を止めた後、再び連敗が続き、直近25試合でわずか2勝にとどまる。シーズン60試合でのリーグ最少勝利数は2018―19年シーズンに北海道が記録した10勝。(矢野匡洋)

 ▽積極的な攻め、田渡が奮闘

 序盤から大差をつけられた中で、ポイントガードの田渡は、変化を求めてもがいた。「ベンチで見ていて、エチェニケに預けるだけでは良くならないと感じた」。ドリブル突破や速攻の起点となり、10得点6アシストをマークした。

 第2クオーターから出場し、光の見えない展開を変えようとした。攻撃の組み立てよりも、シュートを狙った。「現状は(岡本、古野に次ぐ)3番手。自分の良さを出して流れを変えようと思った」。積極的にシュートを打つことで、エチェニケのマークも弱まる効果があった。

 今後も高さで劣る状況が続く。「次節まで時間がある。日本人ビッグマンが入った時の守備の完成度を高めたい」と前を向いた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧