地域ニュース

「わたし花粉症なんです」周南市が缶バッジ製作 コロナ禍での気まずい雰囲気回避

2021/2/16 16:52
花粉症をアピールする缶バッジ

花粉症をアピールする缶バッジ

 花粉が多く飛散する季節を前に、周南市は花粉症を周囲に知らせる缶バッジを作った。新型コロナウイルスの猛威が続く中、人前でくしゃみをしたりはなをかんだりしたくない人が「私は花粉症です」とアピールしやすくし、気まずい雰囲気を回避してもらう。

 特産品の徳山ふぐと周南たこ、市健康づくり計画イメージキャラクターのシュウタ君のイラストのほか、「花粉症なんちゃ」と方言を文字で記した4種類の計300個を用意。徳山ふぐは目を潤ませ、周南たことシュウタ君はマスクを口に当てている。全て市職員が手作りした。

 徳山保健センター、新南陽と熊毛の両総合支所、コアプラザかのの4カ所で希望者に1人1個を配る。自身も花粉症の市健康づくり推進課の金本博美さん(28)は「コロナ禍でくしゃみをしていると、周りの人の目が気になってしまう。安心感につながれば」と話す。同課Tel0834(22)8553。(川上裕)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧