地域ニュース

量子力学とは、解説絵本寄贈 岡山県里庄出身、仁科博士の紹介も

2021/2/17 9:59
柚木校長(左)へ絵本を贈る加藤理事長

柚木校長(左)へ絵本を贈る加藤理事長

 岡山県里庄町出身で「日本の原子物理学の父」と呼ばれる仁科芳雄博士(1890〜1951年)を顕彰する公益財団法人の科学振興仁科財団(同町)は16日、博士が活動したデンマークで量子力学についてかかれた絵本を町内の教育機関へ贈った。絵本は昨年末、博士との縁で財団がデンマーク大使館(東京)から寄贈を受けた経緯がある。子どもたちが物理学に興味を持ち、博士を知るきっかけになれば、と今回は財団が購入して贈った。
(ここまで 201文字/記事全文 703文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 絵本「フィン・フォトンさんと量子力学」
  • 仁科芳雄博士
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧