トピックス

「黒い雨」控訴審が結審 判決は7月14日

2021/2/17 15:34

広島高裁

 原爆投下後に放射性物質を含む「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害が生じたと訴える広島県内の男女84人(うち12人は死亡)が被爆者健康手帳の交付を求めた訴訟の控訴審の第2回口頭弁論が17日、広島高裁であり、結審した。判決は7月14日の予定。昨年7月の一審広島地裁判決は84人全員を被爆者と認めた。

【関連記事】

「黒い雨」控訴審始まる 国側は一審判決取り消し、原告側は控訴棄却訴え 広島高裁

黒い雨、なぜ降った きのこ雲から放射性物質降る

体験者の今 心身癒えぬ苦しみ 援護区域拡大へ闘い続く

「黒い雨」控訴、失望・怒り 原告「まだ闘えというのか」

【地図】黒い雨どこで浴びた


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧