• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【詳報・克行被告第41回公判】案里陣営の事務局長を務めた愛知県稲沢市の野々部尚昭市議証言<3>お金に縛られて無理難題を飲まないといけなくなる

地域ニュース

【詳報・克行被告第41回公判】案里陣営の事務局長を務めた愛知県稲沢市の野々部尚昭市議証言<3>お金に縛られて無理難題を飲まないといけなくなる

2021/2/18 0:50

検察官 令和元年6月16日に克行被告から手渡しされた現金10万円のことを聞く。克行被告に手渡しされた場所は。

証人 中町の事務所の代議士の部屋です。

検察官 手渡してきたのは、どのタイミングか。

証人 働き始めて、藤田さんに紹介された時です。

検察官 事務所に6月15日に来て、克行被告に会った記憶は。

証人 ありません。

検察官 藤田さんと克行被告に会って、やりとりは。

証人 「どこに泊まっているの」と言われました。

検察官 誰に。

証人 代議士に。

検察官 どう答えたか。

証人 「近くのホテルを取りました」と言いました。

検察官 克行被告はどう言ったか。

証人 「ほかのスタッフはマンスリーマンションに泊まっているから、言ってくれれば手配したのに」と言いました。

検察官 克行被告との位置関係は。

証人 対面です。

検察官 どういう位置関係か。

証人 私の前に代議士が座って、私は立っていました。

検察官 ずっと立っていたか。

証人 座ってくださいと言われて、座りました。

検察官 藤田さんは部屋から出て行ったのか。

証人 すぐに出て行きました。

検察官 克行被告は会話した後、どうしたか。

証人 「はい、これ」と白い封筒を差し出しました。
(ここまで 501文字/記事全文 6866文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧