トピックス

センチュリー購入「違法な支出」 山口知事に返還求め住民訴訟

2021/2/18 11:31

県議会議長の乗る公用車、トヨタの最高級車「センチュリー」

 山口県が県議会議長の乗る公用車にトヨタの高級車「センチュリー」を2090万円で購入したのは公金の違法な支出だとして、山口市吉敷中東の無職松林俊治さん(74)が18日、村岡嗣政知事に全額を県に返還するよう求める住民訴訟を山口地裁に起こした。

 【関連記事】山口県の2000万円「貴賓車」、実態は「議長車」

 松林さんは元県職員。訴状では、県はセンチュリーを皇族送迎用の「貴賓車」として購入しながら、皇族の来県予定はなく、日ごろは議長用として使っている点を問題視。県財政は逼迫(ひっぱく)し、新型コロナウイルス対策で多大な支出を必要とする中での高級車購入は矛盾があり、裁量権の逸脱・乱用だと指摘する。指導監督義務を怠ったとして、村岡知事の責任を追及した。

 松林さんは記者会見で「県民の感覚とかけ離れた、明らかな税金の無駄遣い。司法の判断を仰ぎたい」と説明。村岡知事は取材に「特段のコメントはない。訴状が届き次第中身を確認し対応を検討する」と話した。


「センチュリー」めぐる経緯
<山口県の2000万円「貴賓車」、実態は「議長車」>
写真山口県は約2千万円のトヨタの最高級車「センチュリー」を公用車として購入した。皇族送迎用の「貴賓車」と説明するが来県予定はなく、事実上、県議会の柳居俊学議長の公用車。公務のある日には県庁から120キロ離れた周防大島町の自宅まで送迎する。

<センチュリー「議長車」、山口県に批判殺到>

<議長公用車に最高級車「センチュリー」 2知事、割れる見解>



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧