トピックス

国道54号の56キロ区間を通行止め解除 広島・島根県境

2021/2/18 21:28

大雪による影響で山間部で車の立ち往生が発生し、集中除雪のため通行止めとなっていた国道54号について、国土交通省松江国道事務所は18日午後9時、通行止めを解除した。道の駅「掛合の里」(雲南市)―道の駅「ゆめランド布野」(三次市)間の上下線約56キロ。同日午後5時半から通行止めとなっていた。

 同事務所によると、18日午後3時半ごろ、通行止め区間内の雲南市掛合町入間と、飯南町頓原の2カ所で大型トラックが雪道で動けなくなる車両の立ち往生が発生。けが人はなく、それぞれ5台程度の立ち往生だったという。

 また、同地域の中国やまなみ街道松江自動車道の雲南市の三刀屋木次インターチェンジ(IC)―三次東ジャンクション(JCT)・IC間の上下線は、雪の影響で17日夕から通行止めが続いている。18日午後8時現在で、飯南町赤名は50センチの積雪を記録している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧