地域ニュース

農業ビジネスの10年後を描く 庄原実業高生が事業立案、4月から実践・検証

2021/2/19 10:00
タブレット端末越しに事業案を発表する生徒。コンサルタント会社の担当者からはリモートでアドバイスを受けた(1月)

タブレット端末越しに事業案を発表する生徒。コンサルタント会社の担当者からはリモートでアドバイスを受けた(1月)

 庄原実業高(庄原市西本町)の生徒が、「10年後の庄原を支えるアグリビジネス」をテーマに、先細りが懸念される農業、畜産、果樹園芸の現場が直面する課題の解決策を探っている。情報通信技術(ICT)やビジネスの視点を取り入れて新たな事業企画を練り、新学期から生徒自らが実践、検証していく。
(ここまで 141文字/記事全文 793文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧