トピックス

【速報】広島市中区全域へ対象拡大 試行PCR検査で広島県

2021/2/19 12:11

旧広島市民球場跡地で検体採取が始まった広島県のPCR検査(19日午前10時6分、広島市中区)

 広島県が広島市中区の13地域の住民を対象に19日に試行的に始めた新型コロナウイルスのPCR集中検査で、県は同日正午から、対象を中区の全域へ拡大すると発表した。1日2千人の参加を見込んでいたが、19日の予約数は603人(午前9時時点)にとどまっていた。

 検査は無料。中区基町の旧市民球場跡地で、21日まで検体の唾液を採取する。電話か専用サイトでの事前申し込みが必要となる。これとは別に、中区の指定薬局16カ所で20日までに検査容器を受け取り、唾液を入れて旧市民球場跡地に持ち込む仕組みもある。1日2千人、3日間で6千人の枠に変更はない。

 予約は専用サイトか電話、指定薬局でできる。TEL082(236)3200=午前10時〜午後8時。サイトのアドレスはhttps://hiroshima-pcr.jp
 

広島県、18日は7人感染 広島市と福山市で確認 新型コロナ

【関連記事】

大規模PCR大幅縮小へ 広島県、コロナ感染状況改善受け検討

広島県、大規模PCR「保留」 中区で8000人試行、拡大期に備え精度向上

「妥当」「検査で抑止は疑問」 広島の大規模PCR「保留」 識者の受け止め分かれる

広島市の感染者大幅減 PCR集中検査で早期発見 湯崎知事一問一答

広島県、試行PCR検査の検体採取会場で準備状況公開


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧