地域ニュース

居眠り運転防止へ講座 広島大4月開設、福山通運が運営費寄付

2021/2/19 22:48
覚書を手にする越智学長(左)と小丸社長

覚書を手にする越智学長(左)と小丸社長

 広島大は4月1日、福山通運(福山市)から寄付を受け、大学院医系科学研究科(広島市南区)に「睡眠医学講座」を開設する。睡眠障害の診断、治療ができる専門医や技師を育成。居眠り運転による事故を防ぐため、職業ドライバーが安全に運転できる体調かどうか、乗車前に確認する手法の確立も目指す。
(ここまで 140文字/記事全文 461文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧