地域ニュース

竜と鳳凰、チェーンソーで 和歌山の城所さん、三次・吉舎の西光寺に木像奉納

2021/2/24 21:05
竜の木像の仕上がり具合を確認する檀上住職(左)と城所さん(12日)

竜の木像の仕上がり具合を確認する檀上住職(左)と城所さん(12日)

 丸太を削って彫刻に仕上げる「チェーンソーアート」を手掛ける城所(きどころ)ケイジさん(54)=和歌山県田辺市=が、三次市吉舎町敷地の西光寺に2体の木像を奉納した。檀上宗謙住職(65)の依頼を受けて同寺の近くで創作に励み、高さ約2メートル、直径約80センチのクスノキが竜と鳳凰(ほうおう)の姿になった。
(ここまで 151文字/記事全文 649文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 鳳凰の木像を完成させる城所さん(19日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧