• トップ >
  • トピックス >
  • 日赤に6700万円賠償命令 脳手術後に死亡 広島高裁、一審を変更

トピックス

日赤に6700万円賠償命令 脳手術後に死亡 広島高裁、一審を変更

2021/2/24 22:58

 2013年に広島市東区の女性=当時(41)=が広島赤十字・原爆病院(中区)で脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けた後に死亡したのは医療ミスが原因として、遺族5人が同病院を運営する日本赤十字社(東京)に計7540万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が24日、広島高裁であった。西井和徒裁判長は、遺族側の請求を棄却した一審広島地裁判決を変更し、医師の注意義務違反を認めて計6722万円の支払いを命じた。

 女性は13年6月19日に動脈瘤破裂による軽度のくも膜下出血と診断され、同日に同病院でカテーテルによる血管内手術を受けた。脳の動脈内にできた瘤(こぶ)の中にコイルを詰め、血液が入らないようにして再破裂を防ぐ手法だったが、手術中に瘤が破裂してくも膜下出血を起こし、脳死状態となって12日後に死亡した。

 西井裁判長は、コイルが瘤の内側を傷つけたり破ったりしないよう瘤内に外枠を作る工程で「医師に医療水準にもとる注意義務違反があった」とし「外枠形成が不十分な部分からコイルが穿孔(せんこう)することで破裂が起こったと推認するのが最も合理的」と判断。注意義務違反と女性の死亡に相当の因果関係があると認めた。

 提訴は14年。19年2月の地裁判決は医師の注意義務違反を否定し、遺族側の訴えを棄却したため、遺族側が控訴していた。

 判決後、原告の一人で父親の上瀬忠義さん(75)=中区=が中区で記者会見し「手術前に『2時間半で手術室から歩いて帰れる』と言われていたので納得いかなかった。頑張ってよかった」と話した。広島赤十字・原爆病院は「判決文を精査し、対応を協議する」とした。(山田英和)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ステルス戦闘機F35Aが米軍岩国基地に飛来 地元は騒音・安全対策要請【動画】 (12/4)

     米空軍のステルス戦闘機F35A4機が3日、岩国市の米軍岩国基地に飛来した。中国四国防衛局から市に入った連絡によると、いずれも米アラスカ州アイルソン空軍基地に所属しており、岩国基地を拠点に数週間、周辺...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (12/3)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 抑留死亡者名簿 (12/3)

     厚生労働省がシベリア地域とモンゴル地域での抑留死亡者のうち、個人を特定できたとして3日に漢字の氏名と出身地を公表した13人は次の通り。(漢字の字体は発表に基づく。敬称略) 【シベリア地域】 ◇北海道...

  • 核軍縮、取り組み推進 寺田氏の一問一答 (12/3)

     寺田稔首相補佐官は3日、岸田文雄首相からの辞令交付後、官邸ロビーで報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。 ―核軍縮・不拡散の担務は歴代補佐官として初めてとなります。意気込みを聞かせてください...

  • 寺田氏が首相補佐官 国家安保・核軍縮担当 (12/3)

     政府は3日の閣議で、国家安全保障と核軍縮・不拡散を担当する首相補佐官に寺田稔元総務副大臣(広島5区)を起用する人事を決定した。岸田文雄首相(広島1区)は、自民党岸田派所属で元防衛政務官の寺田氏が外交...