地域ニュース

山口県教委、変形労働4月導入へ 連休取得を促進、県教組など反発

2021/2/25 21:06

 山口県教委は4月、教職員の「働き方改革」の一環として県内の公立学校で休日のまとめ取りを促すため「1年単位の変形労働時間制」を導入する。改正教職員給与特別措置法(給特法)の4月施行を前に、開会中の県議会定例会に条例改正案を提出した。教職員組合からは「長時間労働の固定化につながる。業務量の削減や教員数の増加こそ必要」と反発が出ている。
(ここまで 167文字/記事全文 555文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧