• トップ >
  • トピックス >
  • 聖火リレー中止、溝埋まらず 島根・丸山知事が永田町と霞が関行脚 竹下亘氏「コロナ対策と次元違う話」

トピックス

聖火リレー中止、溝埋まらず 島根・丸山知事が永田町と霞が関行脚 竹下亘氏「コロナ対策と次元違う話」

2021/2/25 23:30

竹下氏(右)に新型コロナウイルス対策を巡る島根県の状況を説明する丸山知事=国会内(代表撮影)

 新型コロナウイルスへの政府や東京都の対応に問題があるとして、東京五輪の開催に異を唱え、聖火リレーの中止検討を表明した島根県の丸山達也知事が25日、東京の永田町や霞が関を回り、表明の意図への理解を求めた。言動を批判された地元選出の自民党議員と会談。緊急事態宣言対象地域と同様に厳しい経営環境にある地方の飲食店への支援拡充を関係省庁に訴えるも、政府から色よい返事は得られなかった。

【知事会見要旨】「都の対応能力の向上がないと、開催を良しとすることは難しい」

 この日会った地元選出の自民党議員5人のうち、注目は竹下亘元総務会長(島根2区)との会談。先週、「知事を注意しようと思う」と発言していた。

 両氏はグータッチで「和解」を演出したものの、竹下氏は「コロナ対策と聖火リレーは次元が違う話。違和感がある」と再度けん制。支援拡充については「応援はするが、島根県一つじゃ力が弱い」と、他県との連帯を促した。

 丸山氏は、県内の飲食業者への時短要請協力金などの国の支援が、東京都などに比べ「不公平が生じている」と強調。県の試算をまとめた資料を示し、新たな給付金制度をつくるよう求めた。別の議員には、聖火リレーの中止検討の真意として説明するも「分かりました。はい」と素っ気なくあしらわれた。

 自民党分裂となった2019年の知事選で、竹下氏が会長だった同党県連所属の国会議員らは丸山氏とは別の党推薦候補を応援。しこりは今も残る。

 丸山氏は、厚生労働省や内閣府なども訪問。感染症対策の改善や強化を求めたが、「政府の理解は得られなかった」とこぼした。

 面会や陳情を終え、夕方に開いた記者会見。「苦しみを味わっている事業者が五輪を快く受け入れられる状況ではない。生き残っていける給付金が必要だ」。目を潤ませて訴えた丸山氏だが、次の展望には踏み込まなかった。(桑原正敏) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】島根県大田市で1人変異株感染 13日の新型コロナ (4/13)

     島根県は13日、新たに大田市在住の1人が新型コロナウイルスの変異株に感染したと発表した。12日に感染を発表した同市の消防職員の同居家族で、県外の感染拡大地域にも同行していた。 県によると、新たに感染...

  • 鳥取市など、12日感染の3人は警察官や国職員と発表 (4/13)

     鳥取県警と中国地方整備局、鳥取市は13日、新型コロナウイルス感染が12日に確認された同市在住の3人は、県警本部の40代警察官男性、鳥取河川国道事務所(同市)の職員、市立南中の生徒であると発表した。 ...

  • 【速報】山口県で変異株1人 新規感染は6人、13日の新型コロナ (4/13)

     山口県は13日、これまでに公表した新型コロナウイルスの感染者のうち1人が変異株に感染していたと発表した。県内での変異株の感染者は20人となった。 これに先立ち、県内では同日、新たに30〜60代の男女...

  • 【速報】福山市で1人感染 13日の新型コロナ (4/13)

     福山市は13日、市内で新たに1人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況コロナワクチン、注射の痛みは? 接種済みの医療従事者に聞い...

  • 【速報】山口県で6人感染 13日の新型コロナ (4/13)

     山口県で13日、新たに30〜60代の男女6人の新型コロナウイルス感染が確認された。防府市3人、周南市、宇部市、和木町が各1人。【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【関連記事】山...