トピックス

【速報】県立広島病院の職員が感染 26日新型コロナ

2021/2/26 17:43

広島県庁

 広島県は26日、県立広島病院(広島市南区)の40代職員1人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。軽症という。

 県県立病院課によると、職員は25日朝に発熱。同病院でPCR検査し、感染が分かった。同日から宿泊療養施設に入っている。

 患者に接する仕事をしているが、仕事中はマスクとゴーグル、手袋を身に着けているため、職員や患者に濃厚接触者はいない。同じフロアで働く職員をPCR検査し、全員陰性だった。

 25日夜に職員の勤務場所などを消毒し、通常通り診療している。 

【関連記事】

コロナワクチン接種3月第1週スタート 広島県、医療従事者対象

広島県のコロナ集中対策終了 感染状況「ステージ1」まで改善

母と弟発熱、そして私も…コロナ感染で生活一変 50代女性の体験

「感染の事実オープンにできる社会に」 コロナ感染公表の広島マツダ・松田哲也会長


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧