地域ニュース

安芸高田市教委、7施設の民間活用案募集へ 閉校した小学校や給食調理場など

2021/2/28 21:07
安芸高田市教委が民間から活用策を募っている施設の一つの郷野小

安芸高田市教委が民間から活用策を募っている施設の一つの郷野小

 安芸高田市教委は2021年度、閉校した小学校など7施設の活用に向けた本格的な検討を始める。地域の活性化につながるアイデアを民間から募り、応募の有無や内容を踏まえて売却、譲渡や解体などの方向性を決める判断材料にする。4月以降の具体的な協議に向け、活用を望む個人や団体からの事業提案を3月31日まで受け付けている。

 7施設は、刈田小(八千代町)▽小田小(甲田町)▽小田東小(同)▽甲立小プール(同)▽郷野小(吉田町)▽来原小(高宮町)▽旧美土里町学校給食調理場。6小は、市立小を13校から8校に統合した18〜20年に閉校し、給食調理場は八千代町の新施設への集約に伴って11年に閉鎖した。

 事業提案は、子育てや文化活動、産業振興などの拠点としての活用を想定。応募者が提案した事業を自ら進め、市の経済支援を受けないことを前提とする。応募者は、事業の概要などを書面で市教委に提出。市教委が実現性があると判断すれば4月以降、施設の譲渡、売却なども含めて双方で詳細な協議を進める。

 市教委は閉校後の施設について、維持管理費の負担などを理由に、民間による利用がなければ将来的に解体する方針でいる。今回の7施設のうち、郷野小と小田東小では住民グループがイベントを企画するなど、地域の交流拠点としての活用を目指す動きもある。

 閉校後の学校施設を巡っては、活用策を募っている全国の施設を文部科学省がホームページで公表している。広島県内には17施設あり、県北部では庄原市の高南小と八幡中も含まれる。安芸高田市教委教育総務課の柳川知昭課長は「市として施設を使う予定はない。民間の知恵を借りて有効活用を図りたい」としている。同課Tel0826(42)0049。(和泉恵太)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧