トピックス

待ってた春の手応え 安芸太田で渓流釣り解禁【動画】

2021/3/1 23:30

渓流釣りが解禁になった安芸太田町の丁川でアマゴを狙う愛好家(撮影・安部慶彦)

 広島県安芸太田町の太田川水系で1日、渓流釣りが解禁された。シーズン到来を待っていた愛好家たちがさおを出し、解禁されたアマゴを次々と釣り上げていた。

【特設サイト】太田川 恵みと営み(動画と写真が満載)

 丁(ようろ)川の川登橋一帯では、夜明けとともに愛好家たちが流れの止まる場所など思い思いの場所を確保し、イクラなどの餌を付けたさおを傾けた。早朝の約2時間で、体長約15〜25センチのアマゴを40匹以上釣り上げる人もいた。

 広島市東区から訪れた保育士多々野和昭さん(54)は「体の横側の赤い斑点が美しい。針に掛かったときの引きが楽しいし、味も良い。春が来たと感じる」と楽しんでいた。

 丁川は太田川上流漁協(同町)が漁業権を管理し、町内の深山川、滝山川と合わせてシーズン中に計約8千匹を放流する。

 この日は、廿日市、庄原両市と北広島町の川でも、木野川漁協(廿日市市)など4漁協がアマゴやヤマメの釣りを解禁した。4月1日には太田川漁協(広島市安佐北区)など8漁協が広島市安佐北区などの川で解禁する。(与倉康広)


この記事の写真

  • 安芸太田町の丁川で渓流釣りを楽しむ愛好家=1日午前8時24分(撮影・安部慶彦)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧