地域ニュース

プレミアム宿泊券払い戻し開始、第2弾6億円分が対象 広島市が方針転換

2021/3/1 21:27
広島市役所

広島市役所

 広島市は1日、新型コロナウイルスの経済対策で売り出したプレミアム付き宿泊券の払い戻しを始めた。昨年9〜10月の第2弾で完売した6億円分を対象とする。広島県民に外出機会の削減を求めるなどした県の集中対策で使いにくい状態が続いたとして、払い戻しをしない方針を転換した。

 宿泊券は、コロナ禍で需要が急減した観光業を下支えしようと大手コンビニを通じて販売した。購入代金の2倍の金券として市内のホテルや旅館で使える仕組み。昨年6月の第1弾は4億円分を中国地方の店舗で、9月の第2弾は6億円分を中四国地方の店舗で、それぞれ売り切った。

 市は当初、早期に経済効果を生むため、払い戻しはしないとしていた。ただ第2段では、利用期間とした昨年9月25日〜今年2月28日の途中で、県の集中対策(昨年12月12日〜今年2月21日)が始まった。このため市は、購入者の手元に使い切れなかった宿泊券が一定にあるとみて、払い戻しに応じることにした。

 希望者は専用サイトで申請書を入手し、必要な書類を添えて今月31日(当日消印有効)までに一般書留郵便で送る。郵送料519円は市が負担する。受付センターTel050(3644)4401=平日午前9時〜午後5時。(新山創) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧