• トップ >
  • >
  • 同じ境遇、避難者を法で支援 弁護士石森雄一郎さん(41) 【東日本大震災 中国地方の10年】<1>

トピックス

同じ境遇、避難者を法で支援 弁護士石森雄一郎さん(41) 【東日本大震災 中国地方の10年】<1>

2021/3/1 22:41

東京電力と国に損害賠償を求めた訴訟の次回の弁論に向け、他の原告たちと準備を進める石森さん(右)=広島市中区

 2月中旬、広島市中区の法律事務所。弁護士の石森雄一郎さん(41)は、東京電力福島第1原発事故で広島県内に避難した住民と裁判の打ち合わせに臨んでいた。東電と国に損害賠償を求める訴訟。石森さんは原告代理人を務め、自身も原告に名を連ねる。「同じ境遇だからこそ支えられることがある」

 福島県郡山市生まれ。10年前、同市の法律事務所に籍を置いていた。経験したことのない巨大な揺れに襲われたのは、同県いわき市の裁判所で法廷を出た直後だった。忙しくも穏やかだった日常が崩れた。

 ■分断された家族
(ここまで 241文字/記事全文 1143文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事