地域ニュース

生徒考案、大ぶりポテト 竹原の吉名学園、地元産で冷凍食品

2021/3/3 15:59
たけはら道の駅のスタッフ(左)に「吉ジャガフライ」の販売を託す川口さん(中)たち

たけはら道の駅のスタッフ(左)に「吉ジャガフライ」の販売を託す川口さん(中)たち

 竹原市吉名町の義務教育学校吉名学園の8年生が、地元名産のジャガイモを原料に冷凍食品をプロデュースした。名付けて「吉ジャガフライ」。一般的なポテトフライに比べて大ぶり、衣付きで食べ応えがある。市内の道の駅たけはら(本町)とスーパーかわまつ(吉名町)で扱っている。
(ここまで 131文字/記事全文 448文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧