トピックス

克行被告保釈へ 東京高裁が検察の抗告棄却

2021/3/3 19:53

河井克行被告

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反罪に問われている元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=について、東京高裁は3日、保釈を認めた東京地裁の決定を不服とした東京地検の抗告を棄却した。克行被告は8カ月半ぶりに東京拘置所から保釈される。保釈保証金は5千万円で、現金で即日納付している。

【写真集】克行被告はその時…28歳での県議選初挑戦から入閣、大規模買収事件まで

 克行被告の弁護人が2月24日に5回目の保釈請求をしていた。

 東京地裁は、克行被告から現金を受け取ったとされる広島県内の政治家や後援会員ら100人の証人尋問や供述調書の朗読が2月19日の公判で終了したため、克行被告による証拠隠滅の可能性は低いと判断したとみられる。3月23日から被告人質問を予定している。

 克行被告は妻の案里元参院議員(47)を当選させるため、100人に計2901万円を渡したとして20年6月18日に案里氏と共に逮捕され、東京・小菅の東京拘置所に勾留されている。

 克行被告側は配った現金の趣旨について「陣中見舞いや当選祝い、諸活動の手間賃だった」と買収の意図を否定し無罪を主張。100人のうち94人は買収の意図を感じたと認めている。

 案里氏は、被買収者らの証人尋問が終わった後の同年10月27日に保釈された。今年1月21日に東京地裁から懲役1年4月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡され、2月3日に議員辞職。同5日に判決が確定した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧